お知らせ

胡麻とGOMAから

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 胡麻情報
  4. 京都丹波初!?アウトドアが楽しめる超贅沢な貸別荘滞在を体験しました。

京都丹波初!?アウトドアが楽しめる超贅沢な貸別荘滞在を体験しました。

胡麻のゲストハウスGOMAです。
京都から1時間の京都丹波胡麻で2021年秋開業した高級貸別荘ヴィラアシタニ。
GOMAはブランディング、広報から管理を担当、京都丹波の価値を高める方法を探し求めました。この場所の持つ魅力、楽しみ方、これから色んな方に評価され、磨きあげられる未来を信じています。

オープンから間もない秋晴れの日、家族とお友達を誘って試泊(※)してきたのでご予約・宿泊のご参考になさってくださいね!
※試泊と表現していますが宿泊料をお支払いして泊まりました。

1 到着して0秒、広大なお庭を独り占め!

芝生の庭:公式サイトより転載

チェックインすると目の前に現れる広大なお庭。10,000平米と聞きましたが、眼前に現れたお庭はとにかく広く、山も、小川も、畑もあります。今日この瞬間、自分たちだけの景色に感動。友人は「もうこれで満足。」と一言。チェックインして1分と経っていませんでした。

お庭は、田んぼと畑、シンボルツリーに、八角形の小屋。夏には美しい花を咲かせる蓮池に、小川から山の水が注ぎ込み、自然散策だけで満足できます。きちんと手入れが行き届いていますので、小さなお子様が遊ぶにも安心。広いお空の下、一緒にかけっこしたり、記念撮影したり、心に残る思い出をつくるのに最適と言えそう。

田んぼ:公式サイトより転載

2 ハイライトは夜!?アウトドアで焚き火とBBQ

夕食は京都丹波の地元食材を

チェックインして一息ついて夕食の準備。
ヴィラアシタニさんでは、BBQグリルと焚き火エリアがあり、みんなで火を囲むことができます。
事前に買っておいた丹波牛・京都肉のいづつ屋さんのお肉とお野菜でバーベキュータイム。京都丹波の味覚といえば、色とりどりの京野菜に、丹波牛やワイン。霧深い山間地ならではの、土の香りを感じる味の濃い食材が揃います。
いづつ屋さんは高速のインターからすぐにあるお肉屋さんの老舗。チェックイン前に立ち寄るのがおすすめです。ビールやお野菜も揃うのでとりあえず立ち寄ってみるだけでもグルメの予習ができます。
京丹波いづつ屋 公式ホームページ

ヴィラアシタニさんでは食材の準備もしていただけます。(要事前連絡)ほかにも地元の鶏料理のお店ダイニングゆみ屋さんの地鶏鍋セットや、ぼたん鍋など、夕食の手配が可能です。丹波牛に京丹波ポーク、地鶏に京野菜と自然の恵み豊かな、京丹波のテロワールを十分にお楽しみください。

あこがれの蓋付きBBQコンロが試せる&使える!

グリルが万能すぎて、焼き係はノーストレスで楽しめます。

アウトドア好きだったら気になるギア。BBQグリルはチャーブロイル社製のパフォーマンスチャコール3500です。蓋付きで、火力調整も簡単、6〜7人用のビッグサイズ。事前にBBQをすると連絡しておけば、簡単なセッティングをしておいてもらえます。
森と自然に囲まれたロケーションでBBQを堪能する、ここならではの体験が最高でした。
グリル以外にも燻製ができるそうなので、今度は燻製ナッツや燻製チーズをやってみたいなと思います。

あこがれの「焚き火を囲んで」をやってみた

焚き火台は cacomoca Fire Pit GARDEN 85cmです。こちらはオーナーが雑誌をぱらぱらとめくっていて、一目惚れで取り寄せたそう。焚き火を楽しんで欲しいとの思いから、焚き火台を載せるコンクリート土間とレンガの床をみずから製作されました。本当に人を喜ばせたい気持ちが伝わってきます。わざわざこんなことを書くのは理由があり、手作りとは信じられないクオリティなのです。言われるまで気付かない、もしかすると言われても気づかないかもしれません。
他にもsnow peakのローチェアが配置されていたり、ハンモックがあったり、壮大な自然に溶け込み、絵になります。
木のパチパチとはぜる音だけ聞こえる、自分たちだけの静かな焚き火です。

焚き火を眺めたり、星空を眺めたり。

さらには、アウトドア初めてでも楽しめるよう、着火剤や薪の準備がしっかりされていて、スムーズに火起こしができて満足度上がります!こんな時はカメラを夜景モードにして、特別な瞬間を残しましょう。

3 揺れる炎に癒される、薪ストーブ

くつろぎ過ぎたので、公式サイトから転載

焚き火が終わるころ、みんなでリビングルームでゆっくりくつろぎの時間を。
本格的な薪ストーブ、自分で火入れ(点火のことです。)をして、ゆらぐ炎を眺める贅沢。本当に暖くて、優しい気持ちになれる薪ストーブ、寒い時期に滞在される方の特権です。「こんな家に住みたいなぁ。」とつい思ってしまいます。ゆれる炎を眺めながら、読みたいと思っていた本を片手にくつろぐ、あたたかいコーヒーをいただく。心がほぐれます。
※薪ストーブ本体は大変熱くなりますから小さなお子様から目を離さないでくださいね。

ワインセラーには地元丹波ワイナリーの白赤ともにラインナップ。(別料金)

お酒もすすんでしまうもの。わたしは早々に子どもと一番風呂をいただいて、ひろーい湯船を堪能しました。将来的には温泉を取り入れたいそう。楽しみですね。
ゆっくりと久しぶりに友達と語らったら、早めの就寝。おやすみなさい。

5 お庭でとれたて!烏骨鶏の卵で朝ごはん。

夜にBBQでしっかりいただいた翌朝。舌鼓を打ち過ぎて胃が少し疲れたかなぁと思いながら食卓に向かいました。
ヴィラアシタニさんは朝食用の食材が用意されています。
・敷地内の田んぼで収穫されたお米「きぬひかり」
・お庭で飼っている烏骨鶏の「うみたて卵」
・京都と言えば「京漬物」この日はすぐきのお漬物が添えられていました。
・好きな味を選べるお味噌汁

ここで採れたきぬひかり、まさに地産地消です。

人懐こい烏骨鶏たち。畑の間引き菜などを食べて、サスティナブル。

最高の朝ごはん。(お詫び:ごはんとお味噌汁の配膳が逆転しています。)

どの食材もさっと調理して食べられる、朝らしいメニュー。お漬物はオーナーがその時のお気に入りをチョイスされるそう。個人的におすすめなのは卵かけごはんです。きぬひかりは口の中でお米の粒がほろほろとほどける食感で、湯気が立つ炊き立てごはんをお茶碗によそって、真ん中をちょっと凹ませて卵をぱかっと割り入れる。お好みで湯浅醤油をたらし、卵とごはんをまぜまぜしていただきます!
小皿には、お正月によくお目見えするすぐきのお漬物。すぐき特有の乳酸菌の酸っぱさが疲れた胃袋に染み渡ります。お漬物とご飯をサラサラとかきこんでご馳走様。
さっとお片付けをしたら、お散歩を楽しみにお庭へ。

6 子どもが自由に遊べる朝散歩

ヴィラアシタニさんの特徴は広大な自然たっぷりのお庭!京都丹波の豊かな自然が、さまざまな表情を見せてくれます。

冬の間は柚子湯が楽しめます(なくなり次第終了)

真夏はピンクと白の蓮が美しい蓮池

里道を歩くだけで探検気分。

焚き火台、これだけで絵になります。朝のコーヒーはここで。

森の小道、池の生き物探し、立木でかくれんぼ、おもいっきりかけっこ・・・。五感をはぐくむ自然遊びが思いっきり楽しめます。子どもを持ってからわかったのですが、安心安全な遊び場選びはけっこう頭を悩ませます。敷地内は芝生ゾーン、山ゾーン、田園ゾーンと京都の里山を体感できる魅力あふれる遊び場なので、親子で一緒にはしゃいでください!自然の中で、思いっきり遊んではしゃぐ子供の笑い声は、そこにいる皆さんを幸せな気持ちにしてくれることでしょう。
私たちは子どもが遊んでいる間に焚き火台でコーヒーを一杯、いただきました。
やわらかな晩秋の朝日を浴びながら、ゆっくりとコーヒーを飲む。最高の贅沢に「来てよかった。」と何度も言ってしまいました。

今回は1泊の贅沢な休日を体験しました。オーナーは建設系のご出身で、実は館内も大変見事で触れておくべきなのですが、滞在時間のほとんどを外で過ごしたくなるお庭にひたすら感動でした。「貸別荘」初心者にはもったいないくらいの上質な体験でした。
景色を独り占めできる贅沢、初心者にやさしいアウトドア体験、大切な家族や友人と心休まる滞在を一人でも多くの方にしていただきたいです。

京都から1時間と無理なく来られる距離感。関西からドライブ、東京から脱出!とストレスフルな日常を忘れられる、自然たっぷりのヴィラアシタニ。今後も滞在を楽しんでいただけるサービスを展開予定です。最新情報はSNSや公式サイトでチェックしてみてくださいね。

ご予約方法、お得な情報

京都里山の豊かな自然に囲まれた 1組限定の貸別荘ヴィラアシタニ
同窓会、社員研修、セミナー、家族旅行や記念日におすすめです!

お庭つき一戸建て/寝室3部屋/キッチンバストイレ/無料駐車場3台分
定員7名(小さなお子様はご相談ください。)
宿泊料 82,500円/泊〜
南丹市日吉町上胡麻アシタニ10-1
T 0771-74-5030
Instagram @villaashitani.kyoto
ご予約  Airbnb予約ページ
2021年末まで特別価格(最大60%オフ!)でご宿泊いただけます。お急ぎください。

参考:宿泊者データ
GOMA 夫婦+小さな子供(お布団のみ)
お友達1 料理旅館や高級ホテルの宿泊体験多数の営業マン
お友達 地元京都丹波を愛するデザイナー
の合計5名。寝室は3つあり、GOMA一家が3名定員の和室、お友達1がダブルベットの洋室、お友達2がツインルームと上手に分けられました。定員は7名。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事