BLOG

週末って自分のためにつかうもの。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 胡麻案内
  4. カフェ案内:Sonne Und Glück(ゾンネ ウント グリュック)作野商店

カフェ案内:Sonne Und Glück(ゾンネ ウント グリュック)作野商店

written by debukodx

地元の方に、胡麻でオススメのお店は?と聞くと「ゾンネ!」と答える人が多いでしょう。
それほどまでに、地域に根づき魅了してやまないベーカリーカフェ。オープンして13年、評判は地域だけでなく、遠方からも訪れるほどの人気店へと成長しました。胡麻だけでなく、南丹地域を代表するお店「Sonne Und Glück(ゾンネ ウント グリュック)作野商店(以下、ゾンネ)」をご紹介します。

ドイツ風山小屋が風景にマッチ!着くだけでワクワクが止まらない♪

JR胡麻駅から歩いて10分ほど。胡麻郷小学校の向かいにあるゾンネは2007年創業。胡麻に移住してきたご主人がパンを焼き、胡麻出身の奥様やスタッフが接客を担当しています。

“ゾンネ ウント グリュック”とは聞き慣れない店名ですよね。ドイツ語が用いられており、ゾンネは「太陽」、ウントは「and」、 グリュックは「良い」を意味し、それぞれを太陽→「日」良い→「吉」に見立て、「日 and 吉」で「日吉」を表現。日吉愛し、愛されるようがんばろう、という思いが込められています。

店内は開放的な高い天井が気持ちよく、まるでドイツの山小屋のよう。入ってすぐの大きなショーケースには、おいしそうなパンが並べられ、ココロがウキウキします。

おいしそうなパンが常時20種類ほど焼かれます

ゾンネでは対面販売を採用しており、好みのパンをスタッフに伝え会計をします。ショーケース前にカウンター、奥にテーブル、外にはテラス席があり、イートインもOK。週末にはツーリング客らで満席になることもしばしばです。

ゾンネの代表的作品ともいえるドイツパンはじめ、食パン、ハンバーガーやお菓子パンなど、20種類ほどのパンが焼かれますが、曜日によってメニューが異なります。詳細はブログ「ゾンネ通信」で紹介されるので、気になる方はチェックしてみてください。ファンは好みのパンが販売される曜日を熟知していて、予約や取り置きを上手に利用しています。

どのパンもファンが多く人気商品ですが、中でも「ダダ」は開業当初からの歴史あるメニューです。名前の由来は、ウルトラマンに登場する怪獣「ダダ」に見た目が似ているから。チョコとスウィートロールを薄く伸ばし、縞模様に焼き上げられています。

ふんわり甘くて、大人にも子どもにも、みんなに愛されているパンです。このほか、層が密で食べごたえあるクロワッサンなども定評があります。イートインでいただくときは、一部あたためて提供されるので、焼き立てのような食感が楽しめます。チーズが使われたものなどは、とろりと溶けて本当においしい!

ドリンクメニューも豊富で、コーヒーやジュース類の他、地元・美山牛乳もスタンバイ。特にジョッキサイズは、美山牛乳のおいしさが堪能できてオススメ!
冬場はスープの用意も。野菜がたっぷり入っていておいしい!冬の冷えたからだに、野菜の旨味が染み入りますよ。

胡麻の観光案内所!?いろんな情報が手に入ります

店内には、近隣施設のパンフやショップカードがたくさん置かれていて、たいていの胡麻情報は網羅。まるで胡麻の観光案内所のようです。質問にも丁寧に答えてくださいますので、◯◯に行きたいのだけど…など聞いてみてください。さまざまな胡麻情報が手に入るはずです。

胡麻への移住がほとんどなく、宅地開発が進む前から営業をはじめたゾンネ。商業地でないことや、移住者が開業は前例がなく、開業までの準備が大変だったそう。開業後も主力にしたかったドイツパンが売れず路線変更をしたり、客層に合わせて営業時間を変えたりと、ニーズに合わせて柔軟に対応してきたといいます。その甲斐あって、オープンから13年たった今でも安定的な人気で、胡麻になくてはならないお店になりました。移住者でも成功できると印象づけた功績は大きいのではないでしょうか。
(GOMA夫妻は、ゾンネのパンがおいしかったら、胡麻に移住を決めたとかどうとか!?笑)

田舎だけどオシャレ、都会に負けない味とクォリティー、田舎ならではのほっこり感やあたたかさ……街なかベーカリーにはない魅力が詰まっているゾンネ、これからも、胡麻人のお腹とココロを満たしてくれることでしょう。

Information

住所:京都府南丹市日吉町胡麻中野辺谷2
電話:0771-74-0194
営業時間:8:00~18:00(カフェ16:30L.O.) 敷地内禁煙
定休日:水・木曜日
アクセス:ゲストハウスGOMAより車で約5分/JR山陰線胡麻駅 徒歩約10分
公式ブログ:https://sonneundgluck.blogspot.com/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事