1.これからのあなたはどんな暮らしを選びますか?

今を生きるあなたは一度は耳にしたことあるのではないでしょうか、「移住」という言葉。
100人いれば100通りの移住スタイルがあって
100通りを選択するまでに10倍、100倍の試行錯誤があっただろうに違いない。
そう、「移住」というたった一つの言葉で、たくさんのケースをひとまとめにくくってしまうことはきっと難しい。
だから、あなたには、いろんな人と会って、いろんな土地を体験して、自分の行き先を決めて欲しい、
3年以上をかけてじっくり思いをカタチにしていったGOMAはそう考えます。
結果を急がず、のんびり待つくらいのはやさで移住ができたとき、そこからあなたの新しい暮らしが作られていくことでしょう。
困った時はGOMAを思い出してください。悩みがあればGOMAに聞いてください。暮らし、仕事、ライフスタイル、いろんなことに一生懸命、おこたえします。

2.GOMAの提案は「里山暮らし」

移住のきっかけ

京都市内から1時間南丹市日吉町胡麻(なんたんし ひよしちょう ごま)という、里山風景がひろがる、のどかな場所にGOMAは移住しました。以前はそれぞれ京都市内、大阪市内に通勤していたGOMAメンバーは、この移住を機に起業しました。移転先は、妻の一言「平家に住みたい」で、ぼんやりと思い描いていた京都丹波エリアで偶然にも空き家バンクに出ていた平家の物件と出会い、そこからお住まいだった元オーナーさんとお話しして引き継ぐことになりました。
移住にあたっては、キーパーソンとも言える数人の地元の人からお話を聞いたり、相談したり、応援してもらったり、そこから新しい出会いを紹介してもらったり・・・と少しずつ地域の人との接点ができはじめ、移住の先輩達から様々なアドバイスを得ました。
このエリアが、移住先として優位な点は、都会へのアクセスがあること。
移住は何も思いっきり田舎に移ることだけを指すわけではありません。
週末や仕事終わりに安らげる場所があることも移住のあるべきスタイル。
GOMAは都心へのアクセスがある、ちょっと田舎をおすすめします。
ちょっと田舎、それは人の暮らしと自然が密接に関わって続いている里山。
今まで積み重ねたキャリアを大事にするあなたも
暮らし方を変えたい探求者のあなたも
自分の足でしっかりと生きる自立しているあなたも
里山に触れて、もっと深く知ってみたいと思いませんか。

Access

GOMAへは車が便利。京都市内から1時間ほど

会社名
GOMA(ゴーマ)
住所
〒629-0311 京都府南丹市日吉町胡麻大戸15-1
車での
アクセス
京都縦貫自動車道 園部IC―府道19号線―府道50号線
電車でのアクセス
JR京都駅―JR嵯峨野線快速 園部駅―JR山陰線鍼灸大学前駅下車

GOMAについて


GOMAについて
左:東裏篤史(ヒガシウラアツシ)/右:東裏晶子(ヒガシウラアキコ)からなる夫婦ユニット
田舎での暮らしが超自然な、里山(亀岡)育ちの篤史
田舎での暮らしが自然なのではと、都会生活(大阪・東京)を終えた晶子
二人が目指す暮らしは、遊びと仕事の配合をちょっとずらした生き生きした暮らし。
寿命100年が来ると言われる未来に向かっていろんなことに挑戦して行きます。
大事なのは、年齢にとらわれないこと。
今迷ってもいい
今挑戦してもいい
いつ恋愛してもいい
いつ仕事を変えてもいい
いつ勉強してもいい
「もういい年齢なのだから」「もう遅い」という言動は使いません。
人生でいろんなステージを選択できるこれからの時代、
私たちはもっと自分たちが生きる場所、世界と関わって
暮らしをつくって行きます。