BLOG

g o m a n o t e

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お役立ち
  4. 人気の南丹市移住ガイドブック「楽しい移住」が読める宿。
reading a book

人気の南丹市移住ガイドブック「楽しい移住」が読める宿。

南丹市移住ガイドブック「楽しい移住」が読めます

2017年南丹市胡麻に移住、中古住宅を再生したゲストハウスGOMAのオーナー東裏です。移住と同時に起業、デザイン、サイクリングツアーとゲストハウスの運営をしています。
宿泊ゲストさんは移住に興味がある方が多く、宿泊棟に南丹市移住ガイドブック「楽しい移住」を置いています。

必見!「楽しい移住」は100ページ超ボリューム!

「楽しい移住」は国内初!民間で作った移住ガイドブックです。2019年3月発刊、全104ページオールカラー。京都の里山、南丹市に移住した女子3名で作った、類を見ないガイドブックです。わたし東裏晶子も参加しています。
100ページを超えるボリュームになった理由は、自分たちの経験を丁寧に伝えるため。本の巻頭特集では、8組の先輩移住者に徹底取材、多様な生き方暮らし方”これからの移住スタイル”を紹介しています。意外と知られていない田畑の取得方法や古民家購入のノウハウなど、行政では絶対に書けないコンテンツばかりを盛りこんでいます。わたしのように都会から田舎暮らしにシフトしたかった人に役立つことばかりです。
さらには、海外からの移住希望者にも、とネイティブによる英語翻訳付き。

こんな方によく読まれています

TOP▶︎京都市内在住者、ニ拠点生活を考えている人・ファミリー
第2位▶︎関西都市圏在住者、子育て環境も含めて完全に移住を考えている人・ファミリー
第3位▶︎関東の東京近郊に住んでいる人、移住もしくは多拠点生活を考えている人・ファミリー
第4位▶︎海外からの帰国/移住を考えている人・ファミリー
※あくまでゲストハウスGOMAでの購入者に関して主観的な感想です。

移住したいと考えている理由

TOP▶︎住環境をよくしたい(いろんな面で)
第2位▶︎地方と都市の二拠点生活を考えている
第3位▶︎胡麻が住みやすいと友人・知人から聞いて興味が沸いた
※あくまでゲストハウスGOMAでの購入者に関して主観的な感想です。

読んだ感想は「こんなに本気な本とは思わなかった。」

読んだ方からいただく一番多い感想は、「こんなに内容盛り沢山の本だなんて想像しなかった。これがあれば本当に移住できますね。」という驚きが混じったモノ。これが読みたくて、ゲストハウスGOMAに予約されたゲストさんもいらっしゃいました。

そうなんです、「楽しい移住」は「これがあれば移住ができる本」になっています。南丹市での移住経験がベースですが、他の市町村でも通じる内容がたくさんあります。手続きなどは、各市町村で違うことがありますが、田舎での物件購入の難しさ、その難しさの素というか理由のようなものは移住者インタビューから感じ取れますし、どんな人が移住に向いているかな、といったニュアンスは本全体から漂うものがあります。南丹市は移住先候補だけどほかの町も調べてみたいな、そんな人もぜひ手にとってみてください。

ゲストハウスGOMAでの購入方法

「楽しい移住」はゲストハウスGOMAで購入いただけます。1冊500円で販売しています。
今年はおうち時間が増え、これまでの暮らしや人生を見つめ直す機会が増えた方、ぜひどうぞ。
ゲストハウスGOMAは1棟貸しで蜜にならず、生活に必要な道具は一通り揃っているので、移住までの仮暮らしやニ拠点生活風な滞在ができますよ!週間滞在や長期滞在などご希望をお聞かせください。

京都の田舎で1泊からお試し移住ができます。

自宅でワーケーションしてみました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

おすすめ記事

記事一覧