BLOG

g o m a n o t e

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ゴマ通
  4. ローカルマガジン『gomanote』は胡麻が好きになるフリーペーパーです。

ローカルマガジン『gomanote』は胡麻が好きになるフリーペーパーです。

京都胡麻でデザイン事務所GOMAとゲストハウスGOMAをやっている東裏です。
地方の小さな町、胡麻に移住3年目にして最強のチームから生まれたローカルマガジン gomanote(ごまのおと)。
「京都府南丹市日吉町胡麻のことを伝えるZINE」は、2020年3月に発行した、胡麻という京都の奥の奥にある、とってもマニアックで面白いエリアを読み物として紹介するフリーペーパーです。なんでもタグったりググったりする令和の時代に、わざわざ足を運んで人やお店を楽しみに来てくれる人に向けたオフラインメディア。その面白さとページ紹介をします!

検索しても出てこない胡麻情報を発信したらたくさんの反響が!

作って良し、読んで良し、なgomanote。こんなミラクルが起こっています。

嬉しい反響1>リアルな胡麻訪問者。

gomanoteで胡麻を知って遊びに来てくれた人が。
実は、ゲストハウスGOMAの広報誌としてつくったgomanote。本当に知られていないところなのですが笑。ところが、これを手に取ってくれた人が胡麻に遊びに来てくれたり、ゲストハウスに泊まりに来てくれたり、これまで散々頭ひねって作ってばらまいたパンフレットは何だったんだ?というくらい反響がありました。

嬉しい反響2>>メディア取材されました。

4月には、京都新聞丹波版でgomanoteの紹介とゲストハウスのことを記事にしてもらえました。これで一気に忙しく・・・はなりません(笑)実はこれまでにプレスリリースなどを活用して、新聞取材を何度か受けていますが、直接集客できたことはありません。魅力づけしなきゃといつも思うところです。
そして今年の5月、NHK京都「京いちにち」のディレクターさんが突然GOMAにいらっしゃり、gomanoteを見て取材することにしたと告げられました。特に、胡麻にUターンして家業の農業を継ぐことにした谷口農園の谷口光里ちゃんに焦点を当てて胡麻を紹介してくれる構想を聞いた時はつくってよかった、と実感しました。放映は6月、テレビでは胡麻で個性が光るお店、居心地の良い場所など紹介され、胡麻らしさを広く知ってもらう機会が訪れた喜びの瞬間でした。

嬉しい反響3>>>ウェブ流入がなかった層に届いた!

専門的な説明は省きますが、胡麻というキーワードは非常に弱く、ゲストハウスGOMAは集客において常に検索キーワードで頭を抱えていました。もちろん、自分たちのビジネスなので冒険しやすく、高額の広告費を打ってみたこともあります。しかし、それよりも遥かに効果がありました。gomanoteをリリース以降、ゲストハウスGOMAウェブサイトのPVが増え、直帰率が下がり、滞在時間も長くなりました。興味もってくれる新しい層が見つかった瞬間です。
これには理由があって、gomanoteを作ったのはGOMAを中心とした、その道のプロフェッショナル達。彼らのネットワーク、活動範囲で日本国内で「こんなところに!?」ってくらい広がりを見せています。
観光協会のテリトリーが違うために意外とできない京都市内の配布を、ライティング担当の、京のライターデブ子デラックスさんが。
カメラマンのネットワークを生かして、まさかの東北まで!?撮影担当の和田久さんが。
亀岡のこんなとこ、あんなとこ、にデザイナーの西田英基さんが。
できないことが、できた瞬間がたくさん。感謝しかないです。

オマケ>>>嬉しい間違いも。

gomanoteは紙モノですが、ゲストハウスGOMAのホームページと連動しています。地方の小さなお店では公式ホームページがなかったりするので、オンライン検索でゲストハウスGOMAのページを訪問して、問い合わせしてくれるかたもちらほら。週末や休日のお昼前はランチ予約の間違い電話がよくあります。
例えば、金曜日にTel「今日ランチ予約できますか。」「え?」「Aoisaruさんですよね?」
例えば、土曜日にTel「今日、お店営業されていますか。」「え?(リアルにゾンネさんで食事中)」「胡麻のパン屋さんですよね?」といった風に。ハイシーズンは毎週1回はかかってきます。

gomanoteはこんなフリーペーパーです。

モデルの二人が、可愛くて。胡麻行こっかなって言ってしまいます。

 

デブ子デラックスさんがわざわざ、胡麻界隈に来る理由はココ。

都会にいたらきっと出会うことがなかった、農家さんとの出会い。谷口農園のひかりちゃんは将来が有望な、チャーミングで賢い女性です。

gomanoteが読めるお店

敬称略、順不同、在庫がない場合があります。

亀岡
・saji
・KURKI COFFEE
・旬菜佳肴Kocorono
・りょうり洒落
・cafe nouka
・喫茶とベーグル ネコタ
・Blackie Coffee&Bar in MUSIC
・hair repsym

南丹市
・せいちょーかふぇ(園部)
・わざどころPON(八木町)
・ゾンネウントグリュック
・harema cafe
・aoi saru

福知山
・まいまい堂

京都市
・茶菓えん寿
・zozotte plus
・岩本印刷
・ことばのはおと
・喫茶とごはん きんたんち
・kitchen1484
・HOME
・おやつ工房 雅
・ルブションティ マサコ
・neige喫茶とおやつ
・Trip coffee
・喫茶アーク
・うつわ若葉屋

滋賀
・DONGREE BOOKS & STORY CAFE(湖南市)
丹波篠山市・福住
・マグナムコーヒー
・めしと、つけもんと、パンと、
・カフェ豆の花
・自転車工房ハイランダー
敬称略、順不同、在庫切れの場合があります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事