gomanote

goma通信

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ゲストハウス情報
  4. 子連れOK!ファミリーで長期滞在できる京都田舎のゲストハウス。

子連れOK!ファミリーで長期滞在できる京都田舎のゲストハウス。

※2022年2月加筆修正しました。

京都郊外、胡麻にあるゲストハウスGOMA オーナーの東裏です。2017年移住先として購入した自宅にくっついている離れをリノベーションして1棟貸し切りのゲストハウスをしています。連泊で”貸し別荘”みたいに利用するゲストさん(宿泊客)が多いのが特徴です。

日常(まちの暮らし)からたった1時間で別世界の田舎

胡麻のいいところは色々あって書ききれないのですが、京都市内から1時間、都会から近い田舎という点がゲストさんに評価されています。リモートワーク/在宅勤務が増えてきて、通勤不要になったり、週1回通勤すればよい、などライフスタイルが変わっていく中で、たとえば関東圏では都会へのアクセスが容易な場所への移住がどんどん増えています。

わたしが住む南丹市でも、2021年から市役所の移住相談窓口に問い合わせが急増しています。南丹市と一口に言ってもエリアごとに特色があって、相談してよかったと絶対に言えます。参考までに大阪の北摂エリアまで1時間半の場所にあります。

リモートワーク、テレワークできる無料wifi完備

山奥、田舎滞在のネックになるのがwifi。wifi完備と書いてあっても実際泊まってみたら回線が弱くて全然使いものにならない、そんな経験ありませんか。わたしは何度もあります。

ゲストハウスGOMAはwifi完備です。実際に自分たちが仕事に使っています(本業はデザイン事務所)。オンライン会議で画像が固まることはありません。安心してお使いください。

ちゃぶ台で、オンライン会議。シュールです。

一棟貸し切りで子ども連れでも安心

ゲストハウスGOMAは一棟丸ごとお使いいただけます。滞在中はオーナーの私たちもほとんど立ち入りません。※1

子ども連れだと大騒ぎしてしまわないかとか、寝かしつけの時間は周囲の物音に神経質になってしまったりなど、不要なイライラが募ってしまうもの。それが貸し切りだと周囲や時間帯を気にせず過ごせます。ちなみに、夜は星が綺麗に見えるくらい真っ暗なので子どもだけでなく大人も寝つきが良くなるゲストさんが多いです。

※1 新型コロナ感染症対策で原則立ち入りしていません。お掃除やお洗濯はご自身でお願いしています。

癒しの風景が目の前、子どもに自然遊びも

1日1往復だけのレアな列車「丹後の海」。瑞風が見られる日も。例えばテレワーク目的で滞在しているとき、「ああ、なんか煮詰まっちゃったなぁ。」と感じたらサンダル履いて散歩に出かけてください。ほとんど人とすれ違うことはありませんし、風に吹かれて、自然の緑をじっとながめるだけでも目の奥から心も体もすっきりします。ここを走る電車は単線、ガタンゴトンの音もいい情景です。

子どもたちは持ってきたゲーム機や端末はお部屋に置きっぱなしで庭で遊びはじめることがほとんど。のびのびと大きな声で遊ぶ子どもたちを見ると感動ものです。

早朝や夕暮れ時のお散歩がおすすめです。

対人ストレスゼロ

さっきも触れましたが、ゲストハウスGOMA周辺で人とすれ違うことはほとんどありません。例えるなら念のため感染予防にマスクをポケットに入れて出かけて、帰るまでマスクをする場面に遭遇しないことも。ここには交差点も、横断歩道もありません。

移住した気分で。

都会に暮らしていると、常にONの状態が続いて、何かしなきゃといストレスがかかりがち。上手に気分転換できる人よりも、ストレスをこつこつ溜めていってしまう人の方がきっと多いはず。

ゲストハウスGOMAのある胡麻はそんな普段の暮らしから抜け出して、最高に贅沢な時間=何にもしなくていい時間を過ごせます。仕事持ってきたって、子育てで24H大変なときだって、ここで過ごすとやらなきゃいけないことが思い出せなくなって(笑)、「まぁ、いっか。」と気持ちが楽になります。力抜けすぎて、自宅気分になってください。ほんとうにいい脱力ができて、表情が柔らかくなって帰られたゲストさんもいます。

夕方には地区内で17時を知らせる音楽が流れ、なんとなく仕事終わらせなきゃな空気が流れ、夜はしっかり暗くて静か。つい早寝して、朝は鳥や虫の声で起こされる、健康的な、人間的な暮らしが取り戻せますよ。
お宿の定員は2名(添い寝のお子様は人数に含めません)。ご夫婦で、バートナーと、お一人で、お試しください。

今、いちばん欲しい「ちょうどいい田舎ステイ」

胡麻は田舎の都会ではなく、ましてや観光地でもありません。観光客目当てのお店がなく、地元の人が普段使いするお店やカフェが点在しています。先日NHK京都放送局「京いちにち」で胡麻の魅力がたっぷり放映されました。胡麻のフリーペーパーgomanoteで取材させてもらった、Uターン農業家谷口光里ちゃんにゲストハウスGOMAを紹介してもらえてとってもとっても嬉しい気持ちになりました。
田植えや稲刈りの時期は軽トラやトラクター、コンバイン優先、農道はのんびり走る、知り合いにあったらついのんびりお話。飾らない胡麻。
日常からちょっと離れて、胡麻で田舎ステイ。いい空気をたくさん吸って、また明日から頑張れますように。
滞在してみたい方、気になった方はLINEにメッセージをお送りください。(1対1のチャットです、安心してお問い合わせください。)

LINEメッセージを送る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事