BLOG

g o m a n o t e

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ご予約
  4. アフターコロナの対応(随時更新)
gomastation

アフターコロナの対応(随時更新)

2020年6月14日作成
2020年6月22日更新 キャッシュレス決済paypayの追加
2020年7月1日更新 待機時間の追加(Airbnb清掃スタンダードに準拠)

こんにちは、ゲストハウスGOMA東裏です。
2017年胡麻に移住し、自宅の離れで1棟貸しゲストハウスを運営しています。
場所は京都府南丹市、都市圏から十分に離れた田舎です。
普段の暮らしでソーシャルディスタンス/フィジカルディスタンスを意識する場面はほとんどないくらいの環境です。今回、アフターコロナのタイミングで宿泊業(デイユース含む)を再開するにあたり、以下のルールを守ることを決めました。
ここは、都市にはない長閑な暮らしがあります。
それは、間違いなく自分を含めた周りにいる皆さんによる思いやりから守られています。ですのでゲストハウスGOMAでお迎えするゲストの皆さまにも、その思いを事前にお伝えします。予約の際にはこれらをご参照ください。

ゲストハウスGOMA アフターコロナの対応

対応ポイント
国の指針である三密の中で、とりわけ密閉、密接について対応を強化しています。
  • 換気の悪い密閉空間(ゲストさんに協力いただくことを決めました。)
  • 多数が集まる密集場所
  • 間近で会話や発声をする密接場面(宿主の対応を決めました。)

ルール1
徹底した清掃と換気、様々な手法による消毒&滅菌、宿主の健康状態チェック(検温等)を行います。できうる限りの三密対策をとります。ゲストハウスGOMAは1組限定の貸切です。ゲストによる自主的な換気をお願いします。

ルール2
「お振込による事前支払い、もしくはpaypayを利用したキャッシュレス決済」「客室でのチェックイン選択」「館内説明の簡素化とLINEによるコミュニケーション」等、ゲストと宿主の非接触を追求すること。2泊以上の滞在時には、簡易な清掃、リネンやタオルの交換は必要に応じゲストで行っていただく。(通常時も同様)また、ゴミの回収のため一時的に退出をお願いすることがあります。
ゲストハウス前庭は宿主の生活動線を兼ねています。チェックイン時にあらかじめ通ることがわかっている予定についてお知らせします。

ルール3
清掃時の徹底した非感染策をスタート。具体的には使い捨て手袋&ヘアキャップ着用し、さらに使用済みリネンやタオルなどに触れる可能性がある清掃ウェアを二重にします。そして清掃後に他の場所(自宅を含む)に広がらないよう、終了後の完全着替え、手洗い、入浴等、様々な対処策を実施。

ルール4
どんなに対策を施しても危険性はゼロになりません。感染防止でもっと重要なのは「相互信頼」と考え、予約確定時に下記5点の誓約をした場合のみ予約完了とします。

  1. ご宿泊される全員が「感染症と診断されていないこと」
  2. ご宿泊日の2週間以内に「感染症の人と接触していないこと」
  3. 三密空間をできるだけ避けて生活していらっしゃること
  4. ご宿泊の数日前から当日にかけて「風邪の諸症状がないこと」を来館時に誓約いただくこと
  5. 車でお越しいただくこと(補足:周辺にはあまり便利な公共交通機関はありません)

※事前に誓約いただくことで、チェックイン時にゲストに検温を求めたり、健康状態報告書や誓約いただくことはありません。(来胡麻後に検温して、仮に熱があってもお断りすることは事実上難しいため)。事前に誓約いただくことで、お越しになられた方には、できる限り胡麻を楽しんでいただけるようつとめていきます。

ルール5
先のゲストがチェックアウトしてから24時間以上空けて次のゲストをお迎えする。

ゲストハウスGOMA LINEを事前登録お願いします。

友だち追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

おすすめ記事

記事一覧