BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュース
  4. JKと忘れられない思い出!ガイドブックにない里山体験&宿泊

JKと忘れられない思い出!ガイドブックにない里山体験&宿泊

こんにちは、京都の里山、胡麻でたった2室の小さなお宿ゲストハウスGOMAオーナーきのこです。
今日はこのゲストハウスがある胡麻(ごまと読みます。可愛いでしょ。)に泊まる面白さをご紹介。
どうやって、観光地じゃない場所で思い出がつくれるのか。

今回は教育民泊(学校のプログラム)で来てくれた女子高生と楽しんだ里山体験&宿泊プランから、
田舎のココドコ?って場所でどんなことができちゃうのか。
シーズンオフでも楽しめる旅のレシピ、ご紹介。

ガイドブックに載らない場所にある、特別な時間。
ショートステイでも楽しめる!
モノでなく、人に注目!?
田舎のココドコ?ってこんなに面白い!
そんな旅のレシピです。

1 自分の知らない田舎のココドコ?にある宿泊施設を検索
田舎のココドコ?なゲストハウスや民泊は、地図検索がおすすめ。
手元にあるスマホで、観光地からすこーし外れたエリアまでぐぐっと検索範囲を広げてみてみると・・・
自分が聞いたこともない地名、そこ、きっと田舎です。
道が少ないですか?そこ、田舎に間違いないです。

試しに「南丹市」で宿泊施設を検索してみると。

ん・・・京都市(画面右下)と比べて明らかに!少ない。

もっとズームして見ましょう。南丹市宿泊検索

んん、違いがわからない。田舎の地図あるある、ズームしても建物増えない!
あ・・・ありますか?

ゲストハウスGOMAあああああ!
胡麻に、ゲストハウスGOMA発見!

「あった!」って感じちょっと嬉しくないですか。
そう、自分が知らない場所にある宿を見つけるのって楽しい。
友達に「こんなとこあった」って伝えて「え?どこそれ?」ってなるのも、もう旅のはじまり。
行き方もスマホで検索すれば問題なーし。
・・・と、言いつつホントに行けるかは要チェックです。
車でしか行けない場所ならレンタカーの手配もお忘れなく。

2 自分らしいテーマを思いつくまま決める
ここから、おすすめテーマをランキング形式でご紹介。
気に入ったテーマを選んでもいいし、これ以外にも自由に考えちゃってください。

おすすめ第5位は 観光地じゃない場所に行く。  旅好きなあなたも胡麻でゲストハウスGOMAに泊まる、なんて想像しなかったでしょう。
何があるのかわからない感も良くないですか?
ガイドブックも全然役立たないので行ってみるまで結構ドキドキです。

冬のGOMA

今回の宿泊場所、ゲストハウスGOMA。農家を想像していたJKちゃんは「えっオシャレ!」(嬉しかった)

 

薪割りデビュー

生まれて初めて南丹市に来たJKちゃん。いきなり薪割りデビュー。

 

おすすめ第4位 いつもと違う場所でともだちと過ごす。  普通なら、誰と、どこに行く、のところを
ここに、誰と行く?なんて考える。
知らないところに一緒に行ってくれそうな冒険好き?
一緒にいられる時間が短いともだちを誘っちゃう?
プチ卒業旅行もいいし、週末旅で提案するのもグッドアイデア。
田舎のココドコ?なお宿はプライベートな旅行にぴったり。

友達写真

消灯時間も気にせず楽しんじゃえ!(今度はパジャマパーティもいいね。)

 

おすすめ第3位 おもしろい人に会ってみたい。  人によっては、1位かもしれないテーマが「人に会う」。
田舎のココドコ?なお宿にいる人はみんなユニーク。
そんな人たちの仲間はさらにユニーク。
ゲストハウスGOMAには、里山歩きのエキスパートや遊びの天才な仲間たちがいます。

南丹市地域おこし協力隊こうちゃん

南丹市地域おこし協力隊こうちゃんこと、小林功士くん。

平成29年度着任の地域おこし協力隊のこうちゃんは、野遊びの天才。
サバイバルエキスパートとも呼べるでしょう。
今回は1日目のアクティビティを担当。

こうちゃんの魅力

一瞬にしてみんなを惹きつけて離さないこうちゃん。

そんなこうちゃんがやっている南丹を紹介するメディアYoutubeチャンネル 南丹ぐるぐる (マメに更新中!)
南丹市内でゲストハウス”てにをは屋”開業準備中。みんな応援よろしく!

そして
将来、田舎に移住もありかなーなんて思うあなたの場合、
オーナーが移住者だったら、暮らし方や移住のきっかけを話しするのもいい時間に。
ゲストハウスGOMAは共有スペースをコミュニティスペースと名付けて
田舎のサードプレイス的な使い方をしているので、いろんなトークができちゃいます。

移住者の話

ゲストハウスオーナーによる移住やお仕事の話も。(嬉しそう)

 

おすすめ第2位 穴場グルメは?  旅行で楽しみなのがグルメ。
そして田舎のココドコ?気をつけたいのは夜ごはん。
お食事はリサーチマスト。お食事の提供があるお宿から、自炊必須(!)のお宿まで。
コンビニがないのは、普通です。
ゲストハウスGOMAは奇跡的に1km圏内にコンビニあり、です。
おすすめは、宿泊前にお宿の人に聞いてみるor自分たちでローカルなお店で買い出し。
海外のスーパーほどワクワクするかは正直答えられませんが、見たことないお惣菜やお菓子、絶対に見つかります。
胡麻でこの時期だけの京野菜、山野草や果物、ガイドブックに載らないエリアの穴場グルメはその時期だけのメニュー。
ローカルな旅は、地元の人が食べているグルメを体験できる貴重なチャンス。

餃子作り

みんなで作るのも楽しいね。

GOMA名物餃子

地元野菜入り手作り餃子はGOMA名物。焼き奉行はクマさん(オーナー)

 

おすすめ第1位 ここでしかできない体験をする。  上の2位〜4位までコンプリートしたら、もう1位は達成したようなもの。
今回は、特別に南丹市主催の教育民泊で一緒に時間を過ごしたJKちゃんたちの体験をご紹介。
実は、参加者の皆さんは農村民泊ということで、農作業体験を期待して入村(村に入る意味)しました、
が!ゲストハウスGOMAはめいいっぱい遊べるアクティビティ&面白いメンバーを招集。
ホストのわたしたちも楽しくてワクワク。
ここでしかできない体験を、目指しました。

薪割り

16:00 GOMA到着初メニューが薪割り!?

松明作り

17:00 遊びの天才、こうちゃんによる松明作り講座。倒木を使います。

餃子作り

18:00 JKちゃんは何をしても可愛いです。餃子は一瞬にして消えました。

みんなでご飯

18:30 みんなで「いただきます!」外国の人にはどう映るんだろう。(ハゲとるやん! by本人)

ナイトハイク

19:30 夕食後JKちゃんとこうちゃん達は作った松明を持ってナイトハイクへ・・・。

燃える焼き芋

20:30 ナイトハイク中に、薪ストーブでは焼き芋がホクホクに。

サイクリングツアー

9:00 翌朝は、GOMAサイクリングツアー。帰りのバス乗り場までスイスイ〜。

田舎のココドコ?がいつのまにか
 あなたにとってまた行きたい場所、また会いたい人、ができる特別な体験になったら  そんな気持ちで田舎で待っています。

これからもっと民泊も増えて、旅の楽しみ方がますます広がっていきます。
早く行かないと、観光地になっちゃうかも。
ガイドブックに載らないおすすめの里山ショートステイ、穴場プランです。

追記レポ
この教育民泊が終わって1週間後、なんと彼女たちから「また遊びに行きます。」と書かれたメッセージが届きました。
心がじんわり、あったかくなりました。

教育民泊体験&撮影モデル協力:京都明徳高校ダンス部の皆さん

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事